台風13号(クジラ)の予想進路=2020年9月27日午後6時時点(気象庁ホームページ引用)

 気象庁によると、9月27日午前9時、太平洋の南鳥島近海で熱帯低気圧が台風13号(クジラ)に変わった。28日午後6時現在、中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。気象庁の進路予報によると、日本に直接の影響はない見通し。

 気象庁の28日午後6時50分発表の予報によると、台風13号は29日午後6時時点の勢力は、中心気圧985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速30メートル、最大瞬間風速40メートルまで発達。東側200キロ、西側150キロが暴風警戒域になるとみられる。

 ただ、気象庁の進路予報を見ると日本のはるか東を北上、北東よりに進路を変えて30日午後3時ごろには温帯低気圧になる予報で、日本に直接の影響はないとみられる。
 

関連記事