新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 広島県で9月27日、2人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。うち1人は重症。県内での感染確認は510人になった。

 重症の1人は広島市の60代。24日に発熱やせきの症状が現れ、25日に医療機関を受診した。もう1人は福山市の30代で、24日に感染が公表された50代の患者の濃厚接触者だった。
 

関連記事