愛らしい動物の絵本やイラストなどが並ぶ「工房アルル」の個展=9月26日、福井県福井市の福井新聞社・風の森ギャラリー

 福井県坂井市の専門学校生、加藤愛乃さん(20)と酒井美里さん(21)の制作グループ「工房アルル」の個展(福井新聞社後援)が9月27日まで、福井新聞社・風の森ギャラリー(福井市)で開かれている。動物をモチーフにした絵本や切り絵、イラストなど約60点を見ることができる。

 絵本「アルルのおしごと」は、キツネの主人公アルルが焦りや悩みを抱えながらもやりたい仕事を探す物語。色鉛筆などで描かれた1枚1枚の絵の下に、ストーリーが書かれた文章を並べている。

 このほか、和紙や半紙、画用紙などを使った酒井さんの切り絵作品や、加藤さんが描いた愛らしい動物のイラストなども目を引く。

 会場では、絵本の読み聞かせ動画を上映しているほか、塗り絵コーナーなどもあり、訪れた親子連れなどを楽しませている。

  ×  ×  ×

 加藤さんと酒井さんは4~5月、福井新聞社と福井銀行、レディーフォーによるクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で個展の開催資金を募集。目標を上回る40万5千円の支援金を集めた。

関連記事