9月26日午前3時半ごろ、福井県大野市陽明町3丁目の住宅2軒の間から出てくるクマの成獣1頭を、運転中の新聞配達員が目撃した。クマは市道を横切って北側にある陽明公園に入り、南東に抜けた。その後の行方は分かっていない。現場は陽明中学校の南約100メートルの住宅地。

 さらに同午前8時50分ごろには、同市友江の大野署で、正面入り口の自動ドア付近にいる成獣1頭を署員が目撃した。自動ドアには足の跡が付いていた。クマは同署南側にある県土木事務所に移動。同署はすぐに見回りを行ったが正午現在、クマの行方は分かっていない。

 市は防災メールや広報車で市民に警戒を呼び掛けた。猟友会が付近を見回っている。

関連記事