杉本博文氏

 福井県池田町の杉本博文町長(63)=水海=は9月24日の定例町議会で、2021年2月の任期満了に伴う町長選に、7選を目指して立候補する意向を表明した。

 杉本氏はこれまでの実績として、町民マイバスの運行や「あそびハウス こどもと森」など各種施設の整備などを挙げ、その上で「尊い支持と支援が頂けるよう、いま一度町政に臨んだ初心に立ち、挑んでいきたい」と意欲を示した。飯田拓見議員の一般質問に答えた。

 杉本氏はさらに「今後は『豊国の農村・池田』をスローガンに、不便はあっても不安のない、人間関係が豊かな郷(さと)づくりを目指す」と強調。「木望(きぼう)の森100年プロジェクト」などの五つの中心施策を柱に、各種事業を進めたいと述べた。

 杉本氏は武生高校卒。1991年から町議2期を経て97年に町長に初当選した。現在6期目で、県内の現職首長では最多。県町村会会長、全国町村会副会長も務めている。次期町長選への出馬表明は杉本町長が初めて。

関連記事