福井県内の各地区秋季新人競技大会日程

 2020年秋の福井県内中学校の新人競技大会が予定通り、10月に各地で開催されることが23日までに決まった。7地区の大会と、その上位の県大会がそれぞれ開かれる。選手や関係者に対し、大会2週間前から体調管理を義務付けるなど独自の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに基づき実施する。試合は屋内外を問わず無観客とする。

 7地区の中学校体育連盟(中体連)と県中体連が会合を開き決定した。県内の新型コロナの感染状況によっては直前の中止決定もあり得るが、実施されれば県内中学校で本年度初のスポーツ総合大会となる。

 県中体連事務局によると▽プロだけでなく高校などの各競技大会が実施されている▽感染者ゼロが続き、県内の学校でクラスターは発生していない―などを総合的に判断した。

 県大会出場を懸けた各地区大会は10月2~11日、県大会は17~25日に開く。県大会は15競技が予定され、授業時間を確保するため平日は行わない。

 また、各地区で既に競技が行われている駅伝の県大会は6日に実施。31日には陸上の県大会を行うことも決めた。例年実施される駅伝の北信越と全国大会は既に中止が決まっている。

 独自の感染拡大予防ガイドラインでは選手や指導者、大会役員ら関係者に大会2週間前からの検温などを義務付け、大会当日に記録を提出する。会場でのマスク着用やこまめな手洗いなども徹底する。

 本年度は、新型コロナの感染拡大で春、夏の県総合大会を中止した。8月に予定されていた北信越、全国大会も中止となった。

関連記事