台風12号の進路予想図=2020年9月23日午後7時時点(気象庁HPより)

 台風12号は日本の南から北上を続け、9月25日にかけて伊豆諸島から関東の東を北東に進む見込みとなった。台風や、活動が活発化する秋雨前線の影響で大雨の恐れがあり、気象庁は23日、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けた。浸水、河川の増水・氾濫、暴風や高波、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要になる。

 台風の進路は当初の予測より東に変わり、東日本に上陸する可能性は低くなった。前線も台風の北上に伴って関東の東を北上するとみられる。

 24日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い所で伊豆諸島250ミリ、関東200ミリ、東北180ミリ。東北はその後の24時間も100~200ミリの雨が予想される。

 24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は伊豆諸島、関東25メートル(35メートル)、東北、東海20メートル(30メートル)、25日は東北、北海道20~24メートル(25~35メートル)。24日にかけて予想される波の高さは伊豆諸島、関東7メートル、東北6メートル、東海、近畿5メートル、25日は東北7メートル、関東、北海道6メートル。

 気象庁によると、台風12号は23日午後7時現在、八丈島の東約90キロの海上を時速約25キロで北東へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の東側390キロ以内と西側280キロ以内は風速15メートル以上の強風域。24日午前6時には銚子市の南南東約230キロの地点まで進むとみられる。

関連記事