岩波書店の3万冊が並ぶ特設コーナー=福井県福井市の「Super KaBoS新二の宮店」

 福井県福井市の書店「Super KaBoS新二の宮店」に、岩波書店の書籍約3万冊を集めた特設コーナーができた。8月30日に約60年の歴史に幕を下ろした勝木書店福井駅前本店の倉庫にあった在庫を受け継ぎ陳列。これだけの数が店頭にそろうのは全国でも珍しいという。岩波書店では品切れになっている本や旧版もあり、全国の本好きから注目を集めそうだ。

 東京・神保町の小さな古書店として1913年に創業し、100年以上の歴史を持つ岩波書店。国内外の古典文学作品や学術書を幅広く収める岩波文庫や、「新書」と呼ばれる出版形態の始祖となった岩波新書、「広辞苑」などで日本の「知」を紡いできた出版社の一つだ。

 多くの出版社は書店が仕入れた本を返品できる委託販売制を採用しているが、岩波書店は返品不可の買い切り制を採用。売り場面積の小さな書店は扱えないことが多い。福井駅前本店は、地元に根を張る老舗らしく岩波書店の本を充実。読みたい本を手に取る楽しさを伝えてきた。

 新二の宮店の特設コーナーは、かつてCD売り場だった2階南側の壁面付近。福井駅前本店の5階倉庫に保管してきた在庫も並べている。中でも岩波新書の旧版が発刊順に並ぶさまは圧巻。書体をリニューアルする前の「精興社書体」と呼ばれる懐かしい明朝体の本もある。

 岩波書店の本は長期在庫を嫌うネット書店が扱わないものも多く、リアル書店の強みを出せる部分でもある。岩波書店で「品切れ」になっている本には古書店で高値がつくものもあり、福井駅前本店には全国各地から在庫を求める電話がかかってくることもしばしばあったという。

 福井駅前本店の店長だった海東正晴取締役店舗統轄部統括部長は「飛ぶようには売れないけど、時間を経て好きな人に求められるのが岩波書店の本。今でもあえて古い版のものが欲しいとおっしゃるお客さまもいる。さらに拡充して“岩波王国”を作り、全国発信したい」としている。

 問い合わせはSuper KaBoS新二の宮店=電話0776(27)4678。

関連記事