2020年9月23日正午時点の台風12号の進路予想図

 気象庁によると台風12号は9月23日正午現在、八丈島(東京都)の南南西約230キロの地点にあり、時速20キロの速さで北東で進んでいる。福井地方気象台によると、福井県には24日未明から明け方にかけ最も近づくとみられるが、同日中は警報・注意報レベルの大雨となる可能性は低い見込み。ただ、気圧の谷の影響で県内は25~28日ぐずついた天気になりそうだ。

 同気象台によると、台風12号が日本の南を北上し、夜には前線が本州の南岸まで北上するため、湿った空気の影響を受ける見込み。このため23日、夜は雨の降るところがある。24日は前線の影響で湿った空気が入る見込みで、県内は曇りでところによって雨が降る。

 新潟地方気象台の週間天気予報(23日午前10時35分発表)によると、福井県の天気予報は25日が曇り一時雨(降水確率60%)、26日も曇り一時雨(50%)、27日も曇り一時雨(50%)、28日が曇り(40%)。

 台風12号は24~25日にかけ、東日本から東北に接近する見通し。24日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で、東海、伊豆諸島200ミリ、関東甲信150ミリ、東北80ミリ。その後の24時間は関東甲信200~300ミリ、東北、伊豆諸島100~200ミリ、東海50~100ミリ。

 24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、伊豆諸島25メートル(35メートル)、関東23メートル(35メートル)、東北、東海20メートル(30メートル)、近畿18メートル(30メートル)。25日は東北、関東20~24メートル(25~35メートル)。波の高さは24日が東北、関東、伊豆諸島6メートル、東海、近畿5メートル。25日は東北、関東6~8メートルを見込む。

関連記事