4連休最終日、車が連なる北陸自動車道=9月22日午後5時55分ごろ、福井県福井市坂下町

 4連休最終日の9月22日、福井県内の高速道路では旅先から帰路に就いた車が連なった。県内のサービスエリア(SA)のスタッフからは「新型コロナウイルスの感染拡大以降、この連休が最も混み合った」との声が聞かれ、久しぶりににぎわいを感じた様子だった。

 日本道路交通情報センター(本部東京)によると、県内の北陸自動車道、舞鶴若狭自動車道では22日夕までに渋滞はなかった。

 北陸自動車道上り線の南条SAのレストラン部担当者は「お盆より多くの方が来てくれた」と振り返り、特に21日が多く、最終日の22日も昼すぎから混み合ったという。全国各地で感染が止まらず、平常通りとはいかないものの、「やっとにぎわいが戻ってきた感じ。素直にうれしい」と声を弾ませた。

関連記事