秋の北信越地区高校野球福井県大会準々決勝・美方―大野 七回裏、同点となる適時打を放った美方・山内慶亮=9月22日、福井県福井市の福井県営球場

 第143回北信越地区高校野球福井県大会は9月22日、福井県営球場で準々決勝を行った。第1試合は美方が大野を6―2で破り、準決勝に進出した。

大野
000 110 000…2
000 100 50×…6
美方

■美方 川崎侑成、谷口悠介―野崎塁
■大野 山腰大慎、春木奎吾―竹下悠斗

⇒【写真特集】美方が大野下し4強

 美方は四回、2死一、三塁から川崎侑成が中前適時打を放ち同点に追いついた。五回に勝ち越され1点差で迎えた七回、2死一、三塁の場面で山内慶亮が右前に適時打を放ち再び同点に追いついた。さらに相手投手の暴投で逆転。続く村松和哉と宮本大陸の連打でさらに加点し、この回計5点を挙げ試合を決定付けた。

 先発の川崎は2点を失うも力投。五回途中から継投した谷口悠介は落ち着いた投球で得点を許さなかった。

 大野は四回、2死二塁から山腰大慎の中前適時打で先制。同点に追いつかれ迎えた五回は、阪井俊介と澤田晃希、川田展誠の連打で1点を奪い勝ち越したが、その後得点を挙げることはできなかった。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

関連記事