台風12号の予想進路(9月22日9時現在)

 台風12号は9月22日、日本の南海上を北上した。24~25日にかけて本州に接近し、西日本や東日本では23日から25日にかけて大荒れの天気になる見込み。太平洋側では非常に強い風が吹き、大雨となる恐れがある。気象庁は高波、土砂災害、河川の増水や竜巻などへの警戒を呼び掛けた。

 23日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、伊豆諸島、東海、近畿120ミリ。その後の24時間は東海200~300ミリ。伊豆諸島、近畿100~200ミリ。関東甲信100~150ミリ。

 台風は22日正午現在、日本の南を時速15キロで北へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から75キロ以内が風速25メートル以上の暴風域となっている。

関連記事