秋の北信越地区高校野球福井県大会2回戦・敦賀―美方 七回、美方・金松凌の適時打で生還する宇野倖葵=9月20日、福井県営球場

 第143回北信越地区高校野球福井県大会は9月20日、福井県営球場で2回戦2試合を実施。第1試合は美方が敦賀を1―0で下し、準々決勝に進出した。

敦賀
000 000 000…0
000 000 10x…1
美方

■敦賀 藤原悠河、齊藤俊輔―浜中偉琉
■美方 川崎侑成―野崎塁

⇒【D刊】敦賀―美方の熱戦を写真で

 両先発が好投し試合は中盤まで0―0で進んだ。美方は七回、四球や暴投で2死三塁とし、金松凌の中前適時打で先制点をもぎ取った。

 先発の右腕川崎侑成が完封。長短7安打を浴びたが、要所を締めた。

 敦賀は1点を追う八回、村中優介と三野大地の安打で1死二、三塁の好機をつくったが、一本が出なかった。先発の右腕藤原悠河が6回を4安打無失点と好投した。

⇒熱戦の様子をWeb写真館で見る

⇒【打席速報アーカイブ】敦賀―美方、全打席の結果

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

関連記事