肉料理を振る舞う出店が並ぶ「ミート・キャンプ・マルシェ」=9月19日、福井県福井市のハピテラス

 多彩な肉料理の出店が並ぶ「ミート・キャンプ・マルシェ」(福井県福井市、まちづくり福井、福井新聞社主催)が9月19日、福井市のハピテラスで開幕した。4連休の初日と相まって、多くの若者や家族連れが午前11時の開場と同時に続々。ステーキやローストビーフ、若狭牛のカツサンドなど食べ応え十分の料理をがっつり堪能した。22日まで。

 県内10の料理店が自慢の肉料理を提供している。会場を包む香ばしい匂いに食欲を刺激された来場者は、焼きたてパンや、ビール、ワインなどと組み合わせながら思い思いの料理を注文した。

 家族4人でふらっと立ち寄ったという鯖江市の女性(32)は「家族でおいしいお肉が食べられて幸せ」と笑顔。長女(2)は家族が注文した牛ハラミステーキの厚さに目を丸くしていた。

 両親と3人で訪れた越前市の会社員男性(30)は「連休初日で人出はどうかと思ったが、大盛況でびっくり」と話し、パンとステーキを頬張っていた。

 会場は入り口での検温やテーブルの間隔確保、こまめな除菌などの新型コロナウイルス感染症対策を徹底している。時間は各日とも午前11時~午後4時。

関連記事