秋の北信越地区高校野球福井県大会2回戦・福井工大福井―羽水 毎回奪三振と好投した福井工大福井の八木歩=9月19日、福井県敦賀市総合野球場

 第143回北信越地区高校野球福井県大会は9月19日、福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で2回戦6試合を実施した。敦賀市総合の第3試合は福井工大福井が7―2で羽水を下し、準々決勝に進出した。

⇒福井工大福井vs羽水の熱戦の写真アルバムを見る(無料)

⇒【D刊】福井工大福井-羽水の熱戦写真はこちら

羽水
110 000 000…2
100 200 04X…7
福井工大福井

■羽水 寺岡諒太郎、貴下怜斗-牧野創
■福井工大福井 八木歩-澤岻瑞希

 福井工大福井は初回、佐藤隼太の適時打で1-1の同点とした。再び1点を勝ち越され迎えた四回は池田晧、八木歩のヒットで無死一、三塁のチャンスをつくると相手の守備の乱れで2点を奪い逆転。

 八回には2死ランナーなしから鈴木優空の適時打、向嶋大輔の2点適時三塁打、澤岻瑞希の適時打で4点をあげ、勝負を決めた。

 先発の八木歩は立ち上がりを攻められ二回までに2点を失ったが、尻上がりに調子を上げ、毎回奪三振を記録した。

 羽水は初回、菊本大生の適時二塁打で1点先制。続く二回にも堀江海都の犠飛で1点を奪ったが、三回以降は攻めあぐねた。

⇒熱戦の様子をWeb写真館で見る

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

関連記事