新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 宮城県の仙台市は9月19日、2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。宮城県内の感染確認は計353人となった。

 仙台市によると、2人は市内に住む30代男性と20代女性。男性は、既に感染が判明している大崎市の30代男性の濃厚接触者だった。

 大崎市の男性は塩釜市のすし店の客。県は店員の陽性も確認され、濃厚接触者の特定が難しいとして店名を公表した。店は同市尾島町の寿司店で、県は感染の恐れのあった9~16日に客として訪れた約50人の特定を進める。
 

関連記事