18日、米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領=ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日の記者会見で、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業再編交渉を巡り、「複数の素晴らしい選択肢がある」と述べた。具体的な方向性には言及しなかったが、安全保障を確保するため、米企業主導による再編交渉の行方を注視する構えを見せた。

 交渉結果の承認権を握るトランプ氏は、ティックトックが「とても人気がある」と述べた上で、「非常に迅速に」判断を下したいとの考えを示した。米政府による安全保障を中心とした審査の報告を近く受けると記者団に述べた。

関連記事