新型コロナウイルスの接触確認アプリ(COCOA)

 政府は9月17日、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性を知らせるスマートフォン向け接触確認アプリ(COCOA)で、プッシュ通知が届いたのにアプリを開くと「接触は確認されていない」と表示されるなどのトラブルが起きていると明らかにした。厚生労働省が原因を調査しているが特定できておらず、アプリの信頼性に疑問符が付いた。同日に開いた有識者会合でトラブルの報告と対応方針を確認した。

⇒COCOA、ブルートゥース不適正か

 トラブルは厚労省の窓口に8月初旬から数千件の問い合わせがあり発覚した。iPhone(アイフォーン)だけで確認されている事例では、「COVID―19にさらされた可能性があります」と接触通知の表示があり、アプリを開くと「陽性者との接触は確認されませんでした」の表示が出る。厚労省の担当者は「接触があった可能性があり、同アプリに関する相談窓口を案内している」と説明した。

 原因の特定や機能改善に向けシステムを改修し、利用者からアプリの動作情報を集めるための仕組みを新たに設ける。利用者が画面上の送信ボタンを押すと情報が送られる仕組み。送信情報の内容は事前に確認できるようにする。アプリの修正版を10月以降に配布する。氏名や電話番号など個人の特定につながる情報は送信しない。

 アンドロイドのスマホでの不具合は確認されていないとした。ただ、アプリが動作していることを示す通知が定期的に表示される場合があり、接触通知と誤認するケースが多いという。このほか、陽性者が保健所から発行された「処理番号」をアプリに入力しても陽性者としての登録ができないとの相談も寄せられている。

関連記事