インターネット証券のSBI証券は16日、顧客6人の6口座から計約9864万円が流出したと発表した。第三者が不正なログインを行い、ゆうちょ銀行と三菱UFJ銀行に不正に開設した口座に出金していた。

 SBI証券は被害を全額補償する方針。SBIによると、7月〜9月初旬に顧客の金融資産を売却するなどして出金された。顧客から「身に覚えのない取引がある」と連絡があり発覚した。1人当たりの被害額は数百万円から3千万円程度。金融庁はSBIとゆうちょ銀、三菱UFJ銀に対し、原因の報告を求めた。

 SBI証券は警視庁に被害を届け出るとともに、顧客のパスワードをリセットした。

関連記事