新型コロナウイルスの接触確認アプリ(COCOA)

 新型コロナウイルス感染者と接触した疑いをスマートフォンに通知する接触確認アプリ(COCOA)を巡り、8月下旬、福井県の敦賀市職員59人が通知を受けたのは、アプリ利用者同士の距離や時間の計測に使われる近距離無線通信「Bluetooth(ブルートゥース)」に原因がある可能性が浮上した。厚生労働省はアプリを改良し9月8、9日に修正版を配信した。

 敦賀市によると通知は8月23~25日、16部署の職員の個人スマホで確認された。勤務場所は市庁舎の1~4階にまたがり、出先機関も含まれていた。感染者と接触したとされる時期に休みを取っていた職員もいたが、24~26日に全員のPCR検査を実施。陰性を確認した上で職場復帰した。

 ブルートゥースについて厚労省の担当者は、搭載されているスマホの機種の性能や周辺環境などによって計測する距離や時間に差が生じるとし「検知に揺らぎが発生する」と説明。しかしアプリの仕組み上、個人情報は確認できないため今回の問題の原因は特定は難しく、検証にも時間がかかるとしている。

 その上で、想定よりも広範な接触が検知されているのではないか、検知すべき接触が検知されていないのではないか、との疑いがある事例が敦賀市のケースを含め報告されたため、検知の仕組みを見直し、改良に至ったとしている。

 修正版(1.1.3)について担当者は「接触の検出精度の適正化を図るため、内部処理の改良を行ったもの」とし、利用者に対してアプリをアップデートするよう呼び掛けている。

 【接触確認アプリ「COCOA(ココア)」】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6月に運用を開始。利用者同士が1メートル以内に15分以上いると接触者とみなし、情報がスマホに記録される。後日、陽性になった人が保健所から割り当てられた処理番号をアプリに入力すると接触者に通知される。ダウンロード数は14日午後5時時点で約1685万件で、陽性情報の登録は749件あった。

関連記事