丸々と実り次々と収穫されるギンナン=9月14日、福井県永平寺町

 秋の食卓を彩るギンナンの収穫が9月14日、福井県永平寺町の山林で始まった。生産者たちは「今年は出来がいいぞ」と笑顔を見せながら、鈴なりになった黄金色の実を次々ともぎ取っていた。

⇒鈴なりのギンナン、写真もっと(D刊)

 「越前ぎんなん生産組合」では、山裾の約12ヘクタールに約1600本のイチョウを栽培している。現在はわせ品種で、種の中身がエメラルドグリーンの「金平(きんべい)」が収穫期を迎えた。

 この日は同組合代表の男性(71)ら4人が早朝から作業を開始。はしごで木に登って手でもぎ取ったり、棒で枝をたたいたりして、木の周りに敷いたシートに次々と実を落としていった。

 代表の男性は「梅雨明け後の気温が高く、順調に生育した。今年は一つ一つの粒が大きい」と出来栄えに自信たっぷり。収穫は11月下旬まで続け、県内外へ約6トンを出荷するという。町内では、道の駅「禅の里」などで販売する予定。

関連記事