新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岡山県は9月14日、県内の友人宅を訪れていた大阪府の20代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は146人となった。

 男性は11日から岡山県備前市の友人宅を訪れていたが、この日に喉の痛みを感じ、翌12日に38度の熱など他の症状も出たためPCR検査を受けた。県は大阪にいる間に感染していた可能性が高いとみている。
 

関連記事