自民党の新総裁に選出され、一礼する菅官房長官=14日午後3時21分、東京都内のホテル

 自民党は9月14日、党大会に代わる両院議員総会を東京都内のホテルで開き、菅義偉官房長官(71)を第26代総裁に選出した。党所属国会議員394人と47都道府県連代表3人ずつが投票。菅氏が377票を獲得、89票の岸田文雄政調会長(63)、68票の石破茂元幹事長(63)を破った。16日召集の臨時国会で、安倍晋三首相(65)の後継となる第99代首相に指名。16日中に新内閣を発足させる。首相交代は7年8カ月ぶり。

 菅氏は15日に幹事長ら党四役を選任。公明党の山口那津男代表との党首会談に臨み、連立政権樹立の合意文書に署名する。16日午後、衆参両院本会議の首相指名選挙で自公両党の投票を受け、新首相に指名される。直ちに組閣に着手し、皇居での首相任命式と閣僚認証式を経て、新内閣を発足させる方針だ。

 菅氏の総裁任期は安倍氏の残り任期となる来年9月まで。衆院議員任期も来年10月に近づいており、菅氏が任期中に衆院解散・総選挙に踏み切るタイミングが今後の焦点となる。

 総裁選で菅氏は、体調不良により辞任表明した安倍氏の路線継承を前面に打ち出し、新型コロナウイルス対策重視とアベノミクス継続を訴えた。岸田氏は格差問題に取り組むと強調し、石破氏は「納得と共感」を掲げて政治の信頼回復を主張したが、及ばなかった。

関連記事