福井県鯖江市出身の大越佑華さん。この日は他の出演者をサポートメンバーに迎え、バンドとして出演

 テントサイトでバーベキューなどアウトドアを楽しみつつスタイリッシュな音楽演奏を堪能する野外ライブイベントが9月20日、福井県越前市八ツ杉森林学習センターで開かれる。ウィズコロナ時代の新しい音楽イベントをと、インストゥルメンタルを中心としたバンド、個人12組とDJ1人が出演する。運営側は「密を避けて楽しむ方法を模索した。ゆくゆくは大型フェスに育てたい」と話している。

 同イベントは「YATSUSUGI MUSIC VILLAGE(ヤツスギミュージックビレッジ)」。出演アーティストはフジロックなど主要フェスにも多数出演し、テレビや映画の劇中曲も手掛ける3人組バンド「fox capture plan」など。福井県鯖江市出身の大越佑華さんなど、福井ゆかりのアーティストも名を連ねている。

 テントサイトやコテージに囲まれるように中央ステージを配置。観客は自然とアウトドア活動を満喫しながら、生演奏をBGMのように楽しむことができる。観客同士の距離をとることができ、新型コロナ対策にもなる。

 企画運営は、鯖江市で飲食店を経営する中野伸さん(37)ら県内外の10人。4年前から取り組む音楽イベントが、新型コロナウイルスの影響で開催が難しいことから、今年は自然に恵まれた福井だからこそできるイベントをと企画を練った。

 サウナテントの設置など、アウトドアの充実に加え、地元飲食店のフード出店や出演アーティストがデザインした眼鏡枠販売など、福井色を出したブースも設ける予定で福井のPRにもつなげたい考え。

 中野さんは「県外では1~2万人を動員し、地域の活性化にもつながっているフェスなどがある。福井でも、福井らしい大型フェス開催につなげられるよう、試行錯誤していきたい」と話している。

 午前11時開場。開演は正午ごろの予定。入場料は1人6千円(駐車場やテントサイト、サウナ使用は別途)。コテージ利用分は完売した。チケットは「ぴあ」で取り扱っている。詳しくは、公式サイト=http://yatsusugi.sub.jp/から。

関連記事