秋の北信越地区高校野球福井県大会1回戦・武生-丹生 八回表、逆転打を放った武生の田中喜基=9月12日、福井県の敦賀市総合運動公園野球場

 第143回北信越地区高校野球福井県大会は9月12日、福井県営球場と敦賀市総合運動公園野球場で1回戦6試合が組まれ、敦賀第1試合は武生が丹生を3-1で逆転勝ちし、2回戦に進出した。

武生
000 000 030…3
000 001 000…1
丹生

■武生 畑力紀斗-平澤秀太
■丹生 芝悠聖-橋本快斗

⇒武生-丹生の熱戦写真特集はこちら

 武生は1点を追う八回、1死二、三塁の好機で4番の旭乙瑠が三遊間を抜ける適時打を放ち同点。続く田中喜基は一塁線を破る二塁打で2-1と逆転に成功した。さらに1死二、三塁から、古木雅人の左前適時打で3点目を加えた。

 先発した武生の畑力紀斗は得点圏に走者を背負っても落ち着いたピッチングで丹生打線を交わした。六回に1点を失ったが、七回以降はバックの好守にも助けられ、すべて打者3人で押さえた。

 丹生は六回、左前打で出塁した先頭の山田広明を二塁へ送ると、4番の時田耕太郎が右前打を放ち1死一、三塁。続く小松海夢の左翼への犠飛で1点を先制した。丹生の先発・芝悠聖は二回の1死満塁のピンチを無失点でしのぐなど力投を見せた。

■福井県高校野球大会の全打席を速報

 福井新聞社は、電子新聞「福井新聞D刊」で福井県高校野球大会の全試合を打席ごとに速報します。プレー写真も更新し、スマートフォンやパソコンで試合の流れが楽しめます。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開します。

⇒全打席速報はこちら

⇒福井新聞D刊の会員登録はこちら

⇒イニング速報はこちら

関連記事