国際的に優れたビーチ「ブルーフラッグ」に認定されている若狭和田海水浴場=2019年、福井県高浜町

 福井県高浜町の社会保険労務士、小口彩子さんが、旅先でリモートワークを行う「ワーケーション」の拠点を同町に整備しようと準備を進めている。小口さんは9月11日、クラウドファンディングのレディーフォーで費用の一部100万円の寄付募集を開始した。

▽実行者:小口彩子さん
▽目標金額:100万円
▽締め切り:10月26日
▽ギフト:3千円から10万円まで13種類

 密集を避けて働くワーケーションは、新型コロナウイルスの感染拡大で注目を集める。美しいビーチや棚田など自然豊かな高浜に都市部の人を招き、地元の人との交流を促進。新しいビジネスアイデアの創出や、高浜のファン増加を期待する。拠点は同町宮崎の空き家をリフォームし、2021年2月のオープンを目指す。

【詳しくはこちら】世界が認めた海がある高浜町にワーケーションの拠点を創りたい!

 このプロジェクトは福井県による「ふるさと納税による新事業創出支援事業」の認定案件で、福井新聞社と福井銀行も協力している。寄付額のうち2千円を除く金額が税控除の対象となるため、実質2千円でプロジェクトの後押しができる(寄付者の給与収入などにより控除額に上限あり)。

⇒「ふるさと納税による新事業創出支援事業」プロジェクト一覧

関連記事