女子高生の遺体が見つかった住宅を調べる捜査員=9月10日午後3時15分ごろ、福井県福井市

 福井県福井市内で9月10日、変死体で見つかった女子高生を知る女性は「明るくて声も大きく、すごく快活だった」と話した。もめ事を抱えている様子はなかったといい、亡くなったことを知り「信じられない」と絶句した。

 近くの住民によると、家の中から女子高生の笑い声が聞こえることもたびたびあったという。70代男性は「最近、よく遊びに来ているなあと思っていた」と話し、別の住民は「きちんとあいさつをする優しい子だった」と語った。

 60代男性は祖父について「優しい人でいつもにこにこしていた。孫娘をかわいがっており、幼少時は手をつないで歩いている姿をよく見かけた」と話した。

 別の住民によると、少なくとも9日午後8時ごろまでは、住宅から物音や言い争う声は聞こえなかったという。

  ×  ×  ×

 10日午前0時10分ごろ、福井市の住宅で「娘が倒れていて動かない」と父親から110番があり、福井南署員が女子高生が室内で死亡しているのを確認した。同署などはこの家に住む祖父(86)が事件に関与した疑いが強まったことから、同日深夜、殺人容疑で逮捕した。

関連記事