玄関先にずらりとつるされたアマビエ風鈴=8月下旬、福井県越前町宮崎コミュニティセンター

 疫病よけの妖怪「アマビエ」が描かれた短冊を付けた越前焼の風鈴「アマビエ風鈴」が、福井県越前町宮崎コミュニティセンターの玄関先にずらりとつるされている。風が吹くたびに涼しげな高い音を奏で、通り掛かる人々の耳を楽しませている。

⇒妖怪アマビエ、疫病よけで話題沸騰

 宮崎地域コミュニティ運営委員会が72個をつるした。風鈴は委員会メンバーが作製、毎年8月の夏まつりに合わせてお目見えする。今年のまつりは新型コロナウイルスの影響で中止になったが、住民からの声を受け、取り組みを来年につなごうと風鈴はつるすことにした。

 コロナ収束を祈り、委員会メンバーが描いたアマビエの短冊を付けた。アマビエは頭に旧宮崎村の村花のヤマボウシを付けており、委員会が立ち上げた「『やまぼうしの里宮崎』再生プロジェクト」のアピールも兼ねている。風鈴は9月下旬までつるされる。

関連記事