福井県福井市内の2団体が事業計画を発表した「未来づくり創造ファンド」の公開プレゼンテーション=8月26日、福井市役所

 福井県福井市は、各地区が策定した地域ビジョンに基づきまちづくりに取り組む団体を支援する「未来づくり創造ファンド」の公開プレゼンテーションと審査会を8月26日に市役所で開いた。2団体が事業計画を発表した。

 団体への補助金は、ふるさと納税制度を活用し、福井県に特化したクラウドファンディングサービス「ミラカナ」で募る。学識経験者ら5人が審査した。

 岡保まちづくり委員会と東郷ふるさとおこし協議会が参加し、それぞれの代表者が持ち時間10分間で活動の趣旨や内容などを発表。岡保まちづくり委員会は、地元の名水「岡の泉」の浚渫(しゅんせつ)工事を行い、サワガニやタンスイベニマダラの保全に取り組む計画を説明した。目標額は100万円。

 東郷ふるさとおこし協議会は、地区のアンテナショップ「こびり庵」に児童が店番などを体験できる駄菓子屋を開設し、キャリア教育につなげたいなどと提案した。目標額150万円。

関連記事