台風10号の現在位置と進路予想図=2020年9月7日午前3時45分発表(気象庁HP引用)

 気象庁の2020年9月7日午前3時45分の発表によると、大型で非常に強い台風10号は同日午前3時現在、五島市(長崎県)の北東約30キロの地点を時速35キロの速さで北に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。東側280キロ、西側165キロが風速25メートル以上の暴風域となっている。

 気象庁の進路予報によると、7日午前4時には平戸市(長崎県)の西約60キロの地点に移動。7日午前9時には朝鮮半島まで進むとみられる。特別警報発表は取りやめとなったが、強い勢力を保ちながら九州の西を北上するとみられ、最大限の注意が必要だ。

 6日午後5時49分の気象庁の発表によると、7日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

九州南部 45メートル(60メートル)
奄美地方、九州北部地方 40メートル(60メートル)
四国地方、中国地方 25メートル(35メートル)
近畿地方 23メートル(35メートル)
沖縄地方 20メートル(30メートル)

 7日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、

九州南部 500ミリ
九州北部地方、東海地方 400ミリ
四国地方 350ミリ
近畿地方 250ミリ
奄美地方、関東甲信地方 200ミリ
中国地方 180ミリ

 8日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、

東海地方 200から300ミリ
関東甲信地方 100から200ミリ
近畿地方 100から150ミリ
四国地方 50から100ミリ

関連記事