台風10号の進路予想図=2020年9月6日午前9時50分発表(気象庁HP引用)

 気象庁の9月6日午前9時50分の発表によると、大型で非常に強い台風は同日午前9時現在、奄美大島(鹿児島県)の南東約130キロの地点にあり、時速20キロの速さで北に進んでいる。中心気圧は925ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。東側280キロメートル、西側165キロメートルが風速25メートル以上の暴風域となっている。

 気象庁の進路予報によると、台風10号は6日午後9時には枕崎市(鹿児島県)の西南西約120キロの地点まで移動。7日午前9時には対馬市(長崎県)の北西約100キロの地点まで進むとみられる。


 7日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は奄美50メートル(70メートル)、九州南部45メートル(65メートル)、沖縄、九州北部40メートル(60メートル)、四国、中国25メートル(35メートル)、近畿23メートル(35メートル)。7日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で九州南部600ミリ、奄美、九州北部、東海400ミリ、四国350ミリ、近畿250ミリ、沖縄180ミリ、中国150ミリ、関東甲信100ミリ。その後も関東甲信、東海、近畿、中国、四国、九州で雨が続く見通し。

関連記事