新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は9月5日、25人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち15人は京都市内の私立高校の生徒で、この高校の生徒の感染は34人になった。全員が同じ部活動に所属しており、市はクラスター(感染者集団)とみている。生徒の家族4人の感染も既に確認されている。

 8月25日に校内で集まって練習をし、翌日に最初の発症者が出た。以降も活動を続けていたという。市は学校名や部活の種類を明らかにしていない。家族などの濃厚接触者に対して順次、検査を進めている。

 このほか、患者ら5人の感染が判明した「京都医療センター」(同市伏見区)の30代女性看護師が検査で陽性になったと新たに発表された。府内の感染確認は1561人になった。

関連記事