新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 千葉県で9月4日、35人の新型コロナウイルス感染が確認された。県と、千葉市、船橋市、柏市が発表した。

 各自治体によると、感染者のうち、柏市の「柏たなか病院」では入院患者と職員計13人が陽性と分かり、市はクラスター(感染者集団)が発生したと認定。この病院では既に2人が陽性と確認されており、感染者は計15人となった。同じ病棟の患者や職員計56人がPCR検査を受け、今後も約40人を調べる。

 従業員の集団感染が発覚した勝浦市の旅館では、新たに宿泊客1人の陽性が判明。県は従業員の勤務状況から8月14~21日の宿泊客計354人の検査を進めており、宿泊者の感染は計8人となった。県はいずれも宿泊と感染との因果関係は不明としている。この旅館は政府の観光支援事業「Go To トラベル」の対象施設。

関連記事