新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 石川県は9月4日、新型コロナウイルスに感染した3人が死亡したと発表した。死亡した金沢市の60代男性を含む4人の感染も確認し、県内の死者は計37人、感染確認は計681人となった。

 県によると、死亡した3人のうち、金沢市の60代男性は3日に39度台の発熱があり、検査を受けたが、結果判明前に死亡した。検査は陽性だった。

 また、クラスター(感染者集団)が発生した同市の金沢医療センター関連では、既に感染が判明していた入院患者の80代女性が死亡。他に関係者1人の感染が確認され、計31人となった。
 

関連記事