台風10号の経路予想図=9月3日午前9時現在(気象庁HPから)

 台風10号(ハイシェン)は9月3日午前6時には、日本の南の海上にあり、1時間におよそ20キロの速さで西北西へ進んでいる。今後、特別警報級(中心気圧930hPa以下、最大風速50m/s以上)の勢力まで発達し、6日から7日にかけて、奄美地方から西日本にかけて接近または上陸する恐れがある。気象庁の進路予報によると、福井県には9月7日午前に最も近づく見通しだが、強風域からは外れる見通し。

 福井地方気象台の週間天気予報(3日午前11時時点)によると、6日の天気は曇り時々晴れで降水確率は40%、7日も曇り時々晴れで降水確率30%、8日も曇り時々晴れで降水確率30%となっている。

 台風が接近する地域では、記録的な大雨・暴風・高波・高潮となる恐れがあり最大級の警戒が必要。

 気象庁によると、4日午前6時に沖ノ鳥島近海に近づき、勢力を強めながら、北上する見込み。7日午前3時には九州の西、8日午前3時には朝鮮半島に達するとみられる。

関連記事