2020年9月6日午後2時時点の台風10号の予想進路図(JTWCより引用)。台風の通過時間は、Zを単位とする数字。日本時間は9を足した時間。KTSはノット(約 0.514m/s)を表す

台風10号の気象庁の予想進路=2020年9月6日午後1時45分、気象庁発表(気象庁HPより引用)

 大型で非常に強い台風10号(ハイシェン)は2020年9月6日午後1時時点で屋久島(鹿児島県)の南約170キロの地点にあり、北北西に進んでいる。JTWC(米軍合同台風警報センター)の進路予想(6日午後2時現在)によると、6日夜から7日午前にかけ九州に最接近するとみられる。四国や中国地方も強風、大雨に注意が必要だ。

 気象庁によると、台風10号は6日午後1時現在、中心気圧935ヘクトパスカルで中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速65メートル。東側330キロ、西側165キロは風速25メートル以上の暴風域になっている。

⇒台風10号と9号の進路、気象庁の予報は

 気象庁の予報では同日午後2時には屋久島の南南西約140キロの地点まで移動。7日午前0時には非常に強い勢力のまま五島市(長崎県)の南南東約120キロまで進むとみられる。

 気象庁の6日午前11時20分の発表によると、7日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、

奄美地方 50メートル(70メートル)
九州南部 45メートル(65メートル)
九州北部地方 40メートル(60メートル)
四国地方、中国地方 25メートル(35メートル)
沖縄地方、近畿地方 23メートル(35メートル)

奄美地方では6日夜遅くにかけて、九州南部では6日昼過ぎから7日明け方にかけて、九州北部地方は6日夜遅くから7日昼前にかけて猛烈な風が吹く見込み。一部の家屋が倒壊する恐れもあるという。

7日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で、

九州南部        600ミリ
九州北部地方      500ミリ
四国地方、東海地方   400ミリ
奄美地方        300ミリ
近畿地方        250ミリ
中国地方、関東甲信地方 150ミリ