「フクイ・トラッド」プロジェクトで、コラボレーションする「のん」さんのメッセージ画像

 2023年春の北陸新幹線敦賀開業に向けて首都圏で福井県の認知度を高めるため、福井県は9月1日、セレクトショップ大手のビームス(本社東京)と連携し、県内七つの伝統工芸の新商品を開発すると発表した。女優でアーティストの「のん」さんとコラボレーションし、商品にはのんさんがデザインしたイラスト画が入る。来年3月から期間限定で販売する。

 プロジェクト名は「FUKUI TRAD(フクイ・トラッド)」で同日、ホームページを公開した。トラッドは英語のトラディショナル(伝統)の略。ロゴマークは江戸時代の書体「角字」を使い、「福」と伝統の「伝」の漢字を重ね合わせたデザインにした。

 伝統工芸は越前漆器、越前和紙、越前打刃物、越前焼、越前箪笥、若狭めのう細工、若狭塗の七つ。ビームスのバイヤーが、各地の伝統工芸士ら職人と現代のライフスタイルに合った新商品を検討。20~30代の女性が使いたくなるファッション関連や美容グッズなどを開発する。少なくとも各工芸品2商品ずつは取りそろえたい考え。

 来年2月に東京で商品を発表。ビームス・ジャパン新宿店で3月から約1カ月展示販売し、同社の通販サイトで9月ごろまで販売する予定。県庁でも展示紹介する。

 県庁で1日に記者会見した杉本達治知事は「ビームスの新しい感性を生かし、伝統工芸品をいまの時代に合った形にアップデートし、福井のムーブメントを起こしていきたい」と語った。のんさんのメッセージも動画で紹介され「福井はたくさんの伝統工芸品があり、すごく美しく、すてきなので、私も創作意欲がくすぐられている」などとコメントした。

 県は同プロジェクトで、のんさんのデザイン料を含め本年度当初予算に約6千万円を計上している。

関連記事