片町などの飲食店で使えるプレミアム飲食チケット=8月28日、福井県福井市中央1丁目のまちづくり福井

 福井県福井市中心部の繁華街・片町と呉服町、浜町の飲食店の客足回復につなげようと、各エリアの飲食店などでつくる支援実行委は9月1日から、エリア内で利用できる6千円分の「プレミアム飲食チケット」を5千円で販売する。販売枚数は限定1500枚。11月末まで、県独自の「感染防止徹底宣言ステッカー」登録店など34店舗で使用できる。

 新型コロナウイルスの県内第1波が拡大した3月以降、エリア内の飲食店は厳しい状況が続いている。実行委代表で、ふくい片町青年会長の西尾佳高・西尾食品社長(42)によると、片町は第1波収束後に人が戻りつつあったものの、7月以降の感染拡大を受け、現状は平常時の2~3割にとどまっているという。

 「第1波での負のイメージがつきまとい、お客さまも最初の一歩が踏み出しづらい状況にあると思う」と西尾さん。各店では、できる限りの感染対策を行っているとし「チケット利用を、久々に店を訪れるきっかけにしてほしい」と話す。

 チケットは千円分6枚つづり。福井市のハピリン総合カウンターで販売する。参加店舗は感染防止徹底宣言ステッカーを掲示している居酒屋やイタリアン、和食、洋食、バーなどで、実行委事務局の「まちづくり福井」ホームページ上で確認できる。また参加店を10月末まで受け付けている。問い合わせは、まちづくり福井=電話0776(30)0330。

関連記事