2020年8月30日午前6時時点の台風9号の予想進路(気象庁ホームページ引用)

 

 強い台風9号は8月30日、フィリピンの東でほぼ停滞した。今後発達しながら北上し、31日から9月1日にかけて非常に強い台風に変わって沖縄に迫る見通し。気象庁は、沖縄では大荒れの天気となる恐れがあるとして、暴風や高波への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風は30日午前9時現在、中心気圧965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速40メートル、最大瞬間風速55メートル。中心から半径95キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

 今後勢力を強め、30日午後には非常に強い台風に発達。北上を続け、31日午前6時には沖縄県の南、1日午前3時には久米島(沖縄県)の南西約120キロの地点まで移動するとみられる。3日には九州に接近する恐れがある。

 沖縄で31日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は35メートル(50メートル)、波の高さは12メートル。9月1日午前6時までの24時間予想雨量は、多い所で200~300ミリ。高潮にも注意が必要という。

関連記事