藤本武士氏

 2021年4月の任期満了に伴う福井県の若狭町長選挙に、前町議の藤本武士氏(55)=北前川=が立候補を正式表明した。同町のJA福井県三方五湖支店で会見を開いた藤本氏は「行財政改革を行い、持続可能で明るい若狭町を目指す」と語った。⇒若狭町長選挙の開票速報ページはこちら

 藤本氏は「今の若狭町は財政調整基金が10億円を切っており、災害時に対応できるのか、10年先まで町が存続できるのか不安がある」と指摘。対話を重視し、二つある庁舎の統合や各地区公民館の統廃合などを進めるとした。

 小中学校の統廃合も進めるとし、「10年先の子どもたちが若狭町を一つにしてくれるよう考えていきたい」と述べた。

 藤本氏は美方高校卒。2017年に町議に初当選し、20年3月に辞職した。

 町長選を巡っては、現職の森下裕町長(72)が不出馬を表明。前町議の渡辺英朗氏(39)=成願寺=が立候補を表明しており、選挙戦となる見通し。