JR西日本

 JR西日本金沢支社は8月24日、人口減少や人手不足に対応するために、2030年度までに北陸エリアの延べ140駅のうち37駅を新たに無人化すると発表した。現在36駅に設けられているみどりの窓口も減らす考え。

⇒【D刊】JR駅無人化、福井県内は16駅

 同支社によると新たに無人化するのは北陸線、小浜線、氷見線などの駅で、現在の77駅と合わせて、合計で114駅が無人となる見通し。人員配置を効率化し、障害者のサポートや訪日外国人の対応などに注力する体制を目指すという。

 また、みどりの窓口は、福井や金沢など主要9駅は残すが、小浜駅や七尾駅など7駅は廃止。残りについても廃止を含めて検討する。

 一方、コールセンターの従業員と通話でき、切符の購入などに関して遠隔で対応できる券売機を北陸エリアの主要駅に順次設置する。みどりの窓口と同機能を持つといい、今冬から金沢駅や富山駅などに置く予定だ。

 24日に記者会見した前田洋明支社長は「将来にわたり鉄道サービスを持続的に提供するための見直し」と説明した。