厳しい残暑の中、かれんな花を咲かせたコスモス=8月23日、福井県永平寺町松岡宮重

 8月23日は二十四節気の一つで暑さが和らぐ頃とされる「処暑」。福井県永平寺町松岡宮重の県道沿いでは強い日差しの中でコスモスがかれんな花を咲かせ、秋の訪れを告げている。

 この日の最高気温は、小浜市で33・1度、大野市で32・8度となるなど厳しい暑さとなった。コスモスは2018年の福井国体に合わせて植えられたもので、ピンクや白の花が時折吹く風に揺れていた。畑仕事をしていた男性(68)は「日中は暑いけど、朝晩は過ごしやすくなってきた。コスモスの花を見るとそろそろ秋かという感じがする」と話していた。

 福井地方気象台によると、24日も高気圧に覆われ晴れる見込み。予想最高気温は福井市34度、敦賀、大野市32度で熱中症に注意を呼び掛けている。

関連記事