サルが出没する畑で目を光らせるモンキーバスターズの女性たち=8月20日、福井県福井市計石町

 サルの農作物被害を防ごうと、福井県福井市計石町の女性3人が「モンキーバスターズ」と名付けた隊を結成し活動している。出没の“110番”があれば、家事や農作業を中断してエプロン姿で現場に急行、エアガンで威嚇して追い払っている。「村の人が作った貴重な野菜を荒らさせない」。強い使命感を胸に、日々の任務に励んでいる。

 石村昌子さん(74)、木下たつ子さん(68)、伊井美由紀さん(67)の3人。指導に当たるJA福井県美山支店によると、計石町がある美山地区では2015年ごろからサルが出没。足羽川右岸の一帯に多く、3月ごろから畑に現れてジャガイモやタマネギなどを荒らしている。かかしや防獣ネットも効果がないという。

 こうしたことから同支店は、今年3月にサル撃退の講習会を始めた。講習を受けた3人は5月にバスターズを結成した。

 3人は、集落の人などからの出没の情報が寄せられると、すぐさま連絡を取り合い、現場に駆け付ける。出没は日中がほとんどで、大概、3人が家事や農作業に励んでいる時間。1秒でも遅れてはならないと、エプロン姿のまま。3人で一斉に近づき、威嚇射撃で追い払う。

 住民も後方支援し、爆竹や怒鳴り声で威嚇。時にはくわを持って追いかけることもある。

 一時期、サルは姿を見せなくなったが「7月中ごろからまた出るようになった」と石村さん。「美山地区は高齢者が多く、畑作りが健康や元気づくりには欠かせない。今後も、地域が一体となり継続して対処していく必要がある」と話していた。

 同支店によると、美山地区のサルは、元々約20匹の群れだったが、4、5匹ずつの群れに分かれて生活している。最近は一乗谷朝倉氏遺跡や大本山永平寺などへ、行動範囲を広げている。

関連記事