開発した染料で染めたポリプロピレン繊維を披露する福井大学の堀照夫客員教授=8月20日、福井県福井市の福井大学文京キャンパス

 福井大学は8月20日、染料メーカーの有本化学工業(本社大阪府八尾市、有本武文社長)、金沢工業大学と共同で、ポリプロピレン繊維を染色する染料を繊維業界で初めて開発したと発表した。水を使わない技法で染めるため、環境に優しく色落ちもしにくい。今後はスポーツウエアやカーシートなどの自動車内装材分野での応用が期待される。

 ポリプロピレン繊維は軽量で速乾性があり、主原料も廉価で「夢の繊維」と呼ばれてきた。しかし水を大量に使う通常の染色法では染まらないほか、樹脂にあらかじめ色素を練り込む方法では細い繊維が紡糸できないなど衣料用には不向きとされてきた。現在はブラシ類や不織布マスク、カーペット、産業用資材など非衣料分野で多く使われている。

 開発した新たな染料は、水を使わず二酸化炭素で染色する技術「超臨界二酸化炭素染色」を活用。染料とともに二酸化炭素を高温、高圧にして、気体でも液体でもない超臨界流体と呼ばれる状態にし、水の代わりに繊維を染め上げる。廃水が出ないため環境負荷がほとんどなく、アパレル企業やスポーツウエアブランドから注目が集まっている。

 「分子構造が似ているものは溶け合う」(開発に当たった福井大学の堀照夫客員教授)性質を元に、染料の分子構造は、ポリプロピレンに近づけ親和性を高くし染めやすくした。

 染料は青、赤、黄の3原色をすでに開発し、今後はさらに紫や緑も用意する。ファッション性の高いニーズにも対応する。

 染料とこれを用いた染色法は3者共同で特許を取得した。実用化について有本化学工業の担当者は「可能なレベルまできている」とした。同社では今後、東南アジアを中心とした海外の染色加工場向けに染料の製造、販売を行う。

 同社担当者は「(ポリプロピレン繊維は)これまで用途が限定されていた。これを機に幅広く使ってもらえれば」とコメント。金沢工業大学の宮崎慶輔准教授は「色のついた細いポリプロピレン繊維はこれまでなかった。今後に期待できる」と話した。

 堀客員教授は「ポリプロピレンの市場は今後大きくなっていく。ポリエステルに代わって利用されるようにもなる」と高い将来性を示した。

関連記事