立憲民主党との合流を巡って、国民民主党の玉木雄一郎代表が「分党」を表明したことを受け、国民福井県連は8月17日、撤回を求める要望書を玉木代表宛てに提出した。県連代表の斉木武志衆院議員は、民主党の解党後に分裂を繰り返したことで地方組織が弱体化しているとし「分党したら地方組織は成り立たない。地方の現状を見てほしい」と強調した。

 要望書は17日午前までに、県連所属議員による持ち回りで取りまとめた。玉木代表の分党表明について、地方組織に意見を聞くことなく決めることは、地方の声を大切にする党の信条を踏みにじるものだと批判。地方組織のさらなる衰退は免れず、国民の支持や信頼は得られないと指摘し、合流新党に参加するための合意形成を図る努力を重ねるよう求めている。

 党本部に要望書を提出した後、取材に応じた斉木氏は「いま力を分散してどうするのか。全員一つの固まりになって、力を発揮すべきだ。まずは分党を撤回してほしい」と訴えた。

関連記事