三谷商事(本社福井県福井市、三谷聡社長)は8月13日、船舶用品を扱うシンガポールの「LFA Global(グローバル)」を買収したと発表した。成長が見込める事業分野や地域でのM&A(企業の合併・買収)を進めており、シンガポール企業の買収は4例目。

 LFAはタンカー用のバルブなど船舶用品を輸入し、船舶管理会社や造船所などに販売している。世界中の船舶が停泊・寄港するシンガポールでのシェアが高く、今後も成長が期待できることから買収を決めた。

 2017年12月には、配管の継ぎ目をふさぐガスケットの加工、販売を手掛けるシンガポールのグループ3社を買収しており、LFAとの相乗効果を見込んでいる。

 今回は、三谷商事が投資目的で設立した100%子会社「東洋アセット」(本社東京)がLFAの全株式を7月上旬に取得した。金額は非公表。

関連記事