2023年度の開業時は8億2千万円の赤字―。これは18年に県がまとめた並行在来線(現在の北陸線)の収支予測だ。数字はこれだけにとどまらない。開業10年後の33年度には人口減で1日当たりの利用者が約2千人減ると予想し、赤字は15億円まで拡大するとみる。

 
ここまで125文字 / 全文1151文字

※fastプランの方は、プラン変更が必要となります。