新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福岡県は8月12日、76人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。内訳は県22人、福岡市43人、北九州市11人。県内の感染確認は計3205人になった。福岡市で1人の再陽性も判明した。

 県公表分のうち2人は、私立大牟田高(大牟田市)の生徒。同校では既に4人の感染が確認されており、県はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

 福岡市では、博多区の「三興タクシー」で12日までに社員計7人の陽性が判明し、市はクラスターが発生したとの見方を示した。

 北九州市発表分の11人は10~80代。昼にカラオケができる飲食店を利用した70代女性や、私立高校の教員、市内の大学生らが含まれる。
 

関連記事