日航ジャンボ機墜落事故から35年を迎え、「昇魂之碑」の前で犠牲者を悼み、遺族関係者の孫たちとシャボン玉を飛ばす美谷島邦子さん(右)=12日午前、群馬県上野村

 日航ジャンボ機墜落事故から35年を迎え、犠牲者を追悼しろうそくをともす村の関係者=12日夕、群馬県上野村

 乗客乗員520人が犠牲となった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から35年を迎えた12日、墜落現場の群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に遺族らがマスク姿で額に汗を浮かべ山を登り、犠牲者をしのんだ。日航によると、12日に慰霊登山したのは50家族141人。新型コロナウイルスなどの影響により、例年の半数ほどだった。犠牲者と同じ数のろうそくに火をともす麓での追悼式は遺族らは参列せず、村や日航関係者らのみで開かれた。

 午後1時から5時の間には、麓にある追悼施設「慰霊の園」で遺族と関係者のみによる献花が行われ、村によると、遺族約50人が訪れた。

関連記事