2019年10月、台風19号の影響で冠水した道路に水没した車=仙台市

 豪雨による道路冠水の頻発を受け、国土交通省は11日、車からの脱出時に窓ガラスを割るハンマーの性能を調べる方針を決めた。国交省は車両が水に漬かっても逃げられるようハンマー常備を推奨しているが、粗悪品も出回っているとみている。本年度中に、信頼できる商品の特徴や写真を公表し、購入時の参考にしてもらう。

 脱出用ハンマーは自動車販売店、カー用品店などで販売。とがった金属の先端を窓ガラスに打ち付けると広範囲が砕け、脱出できる。

 担当者は「道路の冠水は思わぬスピードで進むことがある。万が一の際に確実に脱出できる商品を装備してほしい」と話している。

関連記事